クリニックについて 皮膚科一般 医療レーザー治療 ナローバンドUVB治療 院長ご挨拶
医療レーザー治療機について
美容診療について
保険証のご提示をお忘れなく。
キッズスペースがあります!
皮膚科一般
当クリニックでは、一般的な皮膚疾患の治療、陥入爪(巻き爪)の治療、皮膚小腫瘍の手術を行っております。
詳しくは下記をご覧下さい。
皮膚科一般
診療内容
アトピー性皮膚炎・かぶれなど湿疹皮膚炎

じんましん・薬疹・ウイルス性発疹症など全身に発疹の出る疾患

とびひ・ひょう疽など皮膚細菌感染症

ウイルス性いぼ・帯状疱疹・単純疱疹など皮膚ウイルス感染症

水虫・タムシなど皮膚真菌(カビ)感染症

陥入爪(巻き爪)

皮膚小腫瘍の手術

湿疹、ニキビ、水虫、じんましんなど皮膚のことで心配なことがありましたらお気軽にご相談下さい。
治療に加え、日常気をつけたいことなどを説明しています。
皮膚病について簡単にご説明致します。
アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎とは
皮膚の乾燥とバリアー機能に問題があり、そこへ様々な刺激やアレルギーが加わって生じる慢性的な湿疹と考えられています。
かゆみが強いのが特徴です。
治療は
外用療法(塗り薬)と内服療法(飲み薬)があります。  
塗り薬
外用療法とは 効果が高いものにはステロイド外用剤と免疫抑制剤(タクロリムス軟膏)があります。症状に応じて使い分けることが大事です。とくにステロイド軟膏は症状が軽快すればそれに合わせて弱いランクの薬剤に変更する必要があります。
非ステロイド系消炎剤の外用薬は炎症を抑える効果が弱く、かぶれ易いのでお勧めできません
内服療法とは 主として痒み止めの飲み薬が用いられます。
痒みのつらさを軽減するためと引っ掻いて湿疹が悪くなるのを防ぐために抗ヒスタミン作用のある内服薬を用いるのが普通です。
スキンケアについて アトピー性皮膚炎では皮膚のバリアー機能に問題があります。
そのためステロイド軟膏などを外用して炎症が治まってもスキンケアを怠ると湿疹はすぐにぶり返してしまいます。
入浴・シャワーを効果的に行い、保湿効果の優れた薬剤を使用します。
ニキビ
ニキビは顔に多く生じます 他に胸や背中の中心部にもできます。
ニキビは皮脂腺の中性脂肪が分解されて炎症を生じる病気です。顔などの部位には皮脂腺が多いので、ニキビが発症しやすいと考えられています。
ニキビは顔に多く生じます 油脂の多く含まれる食事やコーヒーなどの刺激物は良くありません。
砂糖や炭水化物は皮脂腺で中性脂肪を産生する原料になりますので多量の摂取は控えましょう
ニキビは顔に多く生じます 厚化粧や手でニキビを触る習慣などは良くありません。
髪の毛が当たるのも避けましょう。
ニキビは顔に多く生じます
先ず1日少なくとも3回、セッケンをよく泡立てて洗顔します。
就寝前にアダパレンゲルあるいはイオウカンフルローションを外用します。
イオウカンフルローションを用いた場合には、翌朝、セッケンで洗い流した後に抗菌剤を含有したクリームあるいはローションを外用します。
炎症が強い場合は抗菌剤の内服も行ないます。
洗顔
ヘルペス
ヘルペスとは ヘルペスというのは小さい水疱(水ぶくれ)が集まった急性炎症性皮膚病のことをいいます。
主として単純疱疹あるいは帯状疱疹のことを指しています。
単純疱疹とは 単純ヘルペスウイルスの感染によって皮膚や粘膜に小水疱やびらん(ただれ)を生じた病気です。
ウイルスに始めて感染したとき(初感染)、再度感染したとき(再感染)あるいは初感染後体に潜んでいたウイルスが再活性化して症状が現れる場合(再発)があります。
体中どこでも感染しますが、部位別によく発症するものは口唇ヘルペス、性器ヘルペスです。主に接触感染します。
病変部に接触したり、飛沫感染(会話やクシャミなどの際にウイルスの入った飛沫が放出され近くにいる人に付着して感染)などで感染します。
再発とは 単純ヘルペスウイルスは神経細胞の中に潜伏し、発熱・紫外線・歯科治療などのストレスや免疫の低下によって潜伏ウイルスが増殖して水疱などの症状が再燃するのが再発です。
単純疱疹の治療 軽症では抗ヘルペス薬の外用のみを行なうことがありますが、全身投与が原則です。
重症でなければ抗ヘルペス薬の内服を行い、重症例や免疫の低下した人には抗ヘルペス薬の点滴静注を行ないます。
性器ヘルペスの再発予防 現在の抗ヘルペス薬はウイルスの増殖を抑えるだけの効果でウイルスそのものを取り除くことはできません。
年6回以上性器ヘルペスの再発を繰り返す患者さんには少量の抗ヘルペス薬を毎日内服してもらい予防することができます。
帯状疱疹とは かつて水痘(水ぼうそう)に感染した人の神経節内に潜伏した水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化されて生じます。
症状としては、片側の神経分布領域に違和感が生じ1-2週間続いた後、虫刺されのような赤いところが出現しその上に小水疱がたくさんできてきます。
皮膚に症状が出てから1週間は新生・拡大が見られます。
発症後2週間でかさぶたとなり、3-4週間でかさぶたも取れて直ります。
帯状疱疹の治療 抗ウイルス薬の全身投与をできるだけ早期に開始することが必要です。
重症の場合には入院して抗ウイルス薬の点滴静注が必要です。
皮膚の局所には初期には抗ウイルス薬の外用を行ないます。
その後の皮膚の症状の経過に応じ外用薬を変更します。
帯状疱疹の合併症 頬部(ホホ)から肩にかけての帯状疱疹の場合、顔面神経麻痺・味覚障害・内耳障害を伴うことがあります。
上肢(腕)に生じた場合、運動麻痺が起こり挙上できなくなることがあります。
外陰部領域の帯状疱疹では尿が出なくなること(尿閉)もあります。
帯上疱疹後神経痛とは 帯状疱疹に伴う痛みは多くは皮膚症状の出る前から認められます。全く痛みのない人もあります。
痛みは多くは皮膚症状の治まりに伴って消失しますが、年余にわたって痛みが続くことがあります。
これを疱疹後神経痛と呼んでいます。60歳以上の方に多いとされています。
HOMEへ アクセスマップ あんどう皮フ科